Three Berry Icecream『three cheers』PCMR0007(7inch) ※MP3ダウンロードコード付
other

Three Berry Icecream『three cheers』PCMR0007(7inch) ※MP3ダウンロードコード付

¥1,760

¥1,584 税込

10%OFF

送料についてはこちら

<試聴> 「three cheers」 https://soundcloud.com/user-617992101-594501403/three-cheerssample-listening <作品情報> 作品名:three cheers アーティスト:Three Berry Icecream (featuring Brent Kenji) レーベル:miobell records 品番:PCMR0007 JAN:4543807062025 形態:7inch Analog Single Limited Edition 仕様:45rpm/歌詞カード/MP3ダウンロードコード 発売日:2017年12月6日 価格:1,600円+税 <収録曲> SIDE A:three cheers SIDE B:sweetness and light <プロフィール> Three Berry Icecream(スリー・ベリー・アイスクリーム) イケミズマユミ(ex.BRIDGE)によるソロプロジェクト。 カジヒデキ等と活動していたBRIDGEで92年にポリスターよりメジャーデビュー。95年のバンド解散後、BRIDGE時代に作りためていた楽曲を自分で歌ってみようと、カセットテープをリリースすることからソロ活動を開始。雑誌「米国音楽」の付録CDの音源がきっかけとなり、99年にアメリカにて1stEP『three berry icecream』を7インチでリリース。00年7月に東京のchannel productionから1st ミニアルバム『apricot』を、06年3月に2nd ミニアルバム『Rain Drops』 を自主で発表。以前アメリカツアーでも一緒だったBrent Kenji(Friedrich Sunlight,ex.the Fairways)とのコラボレーションが決定、オリジナル作品としては11年ぶりとなる新作「three cheers」を17年12月にミオベルレコードより7インチでリリース。 シンプルで口ずさみやすいメロディと英語詞が話題を呼び、アメリカ、台湾、韓国など海外のイベントにも出演、国内外合わせて20枚以上のコンピレーション・アルバムに楽曲が収録されたほか、音楽ゲーム『pop'n music』や Loftのキャンペーンソング、近年は『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』『夫婦フーフー日記』 などの映画作品にも参加するなど活動は多岐にわたる。今年は22年ぶりにBRIDGEのオリジナルメンバー6人で再結成ライヴを原宿アストロホールやピーナッツ・キャンプで行ったことも記憶に新しい。来年ソロ活動20周年を迎える。 Brent Kenji(ブレント・ケンジ) 00年にThe Fairwaysで米・Paris Caramel Recordsから1stアルバム『is everything all right?』をリリース、同年夏にThree Berry Icecreamと共作でtour split CD『Permanent Vacation』を発表。 04年に2ndアルバム『This Is Farewell』をリリース。バンド解散後08年にケンジが独・バイエルンへ移住、新たにソフトロック/ポップ・バンドのFriedrich Sunlight(フリードリヒ・サンライト)を結成。14年に現体制となり、16年に7インチ『ニヒト・アンズ・ミア』を発表。ラジオのオンエアなどを通じて口コミで話題を呼び独・Tapete Recordsと契約。同年に『フリードリヒ・サンライト』でアルバム・デビュー。 Brentは12年にadvantage Lucy主催のコンピレーションアルバム『胸キュン☆アルペジオ~Takayuki Fukumura with Friends~』にも「空の味」で参加している。