hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

向 香織『Nostalgia』JRCD-0002(CD)

残り3点

¥2,500 税込

送料についてはこちら

YouTubeで35万再生を記録しているジャズ・シンガーソングライター向香織、インドネシア語の「ドラえもんの歌」のボサノヴァカバー含む1stフルアルバム『Nostalgia』を2020年3月7日にリリース! ========================== 日本とインドネシアの2カ国で活動しているジャズ・シンガーソングライターの向香織が、2020年3月7日に1stフルアルバム『Nostalgia(ノスタルギア)』をリリースした。 本作は、向がインドネシアに拠点を移してからの約3年半の音楽活動の集大成となるもので、インドネシアでの滞在生活からインスピレーションを得た「Nostalgia」や「Superstar」など6曲のオリジナル曲をはじめ、インドネシア語で歌われている日本のドラえもんの歌のジャズアレンジによるカバー「Doraemon’s Song (Indonesian ver.)」など、全曲がインドネシアに関係のある楽曲で構成されている。 また日イ合わせて15名ものミュージシャンがアルバムに参加しているのも特長。日本からは、バンド「SeanNorth」のメンバーで、近年は仮面女子やアリス十番などのアイドルグループの楽曲にも関わっている音楽プロデューサーの佐々木久夫や、2018年に開催された第18回アジア大会公式ソング「Bright As The Sun」、や公式テーマソング「Meraih Bintang」のオフィシャル日本語版を担当したシンガーの加藤ひろあき、2年連続ジャカルタツアーを成功させ昨年10周年を迎えたギターデュオ「かりんとう」が参加。インドネシアからは、ピアニストのRoberto J.、ドラマーのDion Subiaktoをはじめインドネシアの第一線で活躍するジャズミュージシャンやインドネシアの伝統楽器スリンの第一人者Saat氏を迎えており、まさに日本とインドネシアの架け橋となるコラボ―レーション・アルバムとなっている。さらに日本語、英語、インドネシア語と3カ国の言語の楽曲が収録されている点も見逃せない。 彼女は日本とインドネシアの架け橋の一端を担っているアーティストでもあり、3万人以上が参加した日本とインドネシアの友好を深めるイベント「ジャカルタ日本祭り」でも18年19年と2年連続で歌を披露しているほか、今回のアルバム1曲目に収録されているインドネシアのフォークソング「Juwita Malam」のジャズ・ファンクアレンジによるカバーは、YouTubeで35万回以上再生され話題になった。YouTubeにてアルバムのトレーラー、スポティファイでは「向香織のルーツミュージック」となる向本人がセレクトしたプレイリストも公開されているので、あわせてチェックしておこう。 アルバムジャケットにはバリ島ウブドを拠点に活躍するアクリル画家Dana S氏が2017年に発表した「Sunset Glow Over the Rice Field」を採用。三つ折りのジャケットを広げると、そのままDana氏の作品の縮小版となる拘りようだ。CDのみに収録されている楽曲もあるので、ぜひ本作品をチェックしてほしい。 <試聴> https://open.spotify.com/album/2mpmWf5Ew55unFynq1hxd3 ※Spotifyなどサブスクでも配信中。CDのみに収録されている楽曲もありますので、気に入ったらぜひCDも購入してくださいね。 <作品情報> 作品名:Nostalgia(インドネシア語読みで『ノスタルギア』) アーティスト:向 香織 レーベル:Jepun Records 品番:JRCD-0002 リリース日:2020年3月7日 価格:2,500円(税込) <収録曲> 01. Juwita Malam 02. Doraemon’s Song (Indonesian ver.) 03. Kicir Kicir (Album Mix) 04. Superstar 05. Breathing In Blue 06. Mothra’s Song *CD Only* 07. Home We Built 08. Nostalgia 09. Into The Carnival 10. Indonesia My Heart (Japanese ver.) *CD Only* *BONUS TRACK* 11. Nostalgia (Indonesian ver.) *BONUS TRACK* <向 香織 プロフィール> 福岡県出身。音楽好きの家族に囲まれ、幼少期よりエレクトーンや吹奏楽に親しむ。大学卒業後は外資系企業で働く傍ら、ジャズバー・ライブハウス等で歌手活動を始める。2010年より山田光剛氏の下でヴォーカルトレーニングを開始、2014年からはClyde W. Williams Jr.氏に師事。 2016年4月1st mini cover album "Dreaming” を発売し、発売記念ワンマンライブを都内にて開催。2016年9月からはインドネシア・ジャカルタに活躍の場を移し、34,000以上が来場したジャパンカルチャーイベントへの参加、約15,000人の観客を集めたモスク内でのコンサート、五つ星ホテルラウンジやレストランでのレギュラー演奏、Motion Blue Jakarta(Blue Note系列、Motion Blue Yokohamaの姉妹店)にてインドネシア人&日本人アーティストとの共演等、日本とインドネシアを股にかけて幅広く活躍中。 2017年第5回岡崎ジャズヴォーカルコンテスト・ファイナリスト。

セール中のアイテム